女性写真家ヨシダナギが出会った
アソコでトラックを引っ張るインド人

2016.02.11

インドの世捨て人の生活に潜入取材

インドにはサドゥと呼ばれる苦行者がたくさんいる。その存在は聖人的な扱いをされているが、実際は死人とみなされ戸籍がない。その実態に疑問を感じたヨシダナギは、2014年にインド北部で有名なナガ・サドゥ“Shiva Raj Giri”に会いに行く。

お布施で生きているナガ・サドゥに対し、お菓子や紅茶をもらっているヨシダの姿がとあるサドゥにおもしろがられ、弟子入りの誘いを受けたという。

それぞれ独自の苦行を行うサドゥだが、ヨシダの師匠が極めたのは、まさかのアソコ!


ヨシダナギをもっと知る

女性写真家ヨシダナギが出会ったアソコでトラックを引っ張るインド人
いいね!でCONNECTAの
最新情報をお届け
Twitterでも最新情報をお届け

PROFILE

ヨシダナギ
よしだ・なぎ
写真家


1986年生まれのフォトグラファー。幼少期からアフリカ人に憧れを抱き「自分も大きくなったらアフリカ人のような姿になれる」と信じて生きるがなれなかったため、アフリカ人のポートレート写真を現地に渡って撮り始める。アフリカの裸族とともに裸になって撮影する方法が注目を集め、その奔放な生き方と写真が評価され、様々なメディアで紹介される。近年ではアフリカ人の写真を撮りながら講演会やコラム寄稿なども行っている。

Instagramフォローする

Twitterフォローする