土屋太鳳の女優人生に影響を与えた、伝説的マンガとは…?

2016.01.26

朝ドラ女優・土屋太鳳が愛する一冊

朝ドラで注目を集めた人気女優・土屋太鳳が、テレビアニメ『僕だけがいない街』で声優デビューをはたした。女優として経験値を上げ続ける彼女。その人生に最も影響を与えた「本」とは…?

「影響を受けた本」として土屋が挙げたのが、マンガ『ガラスの仮面』。主人公・北島マヤの女優としての生き様に共感できるのだそう。まさに、人気女優だからこそのチョイスと言えそうだ。

また、「もしも実写化されたら『いつもポケットにショパン』に出演してみたい」と回答。初めて読んだときに、心の底から「演じてみたい!」と思ったのだとか。

最旬女優をトリコにするふたつのマンガ。ぜひ手に取って読んでみては?


女優人生を描いた、伝説的名作

ガラスの仮面
白泉社
美内すずえ 著

『ガラスの仮面』を読んでみる
  • Amazon



  • 土屋が出演してみたいと感じる作品

    V0000098818_0005

    いつもポケットにショパン
    集英社
    くらもちふさこ 著

    『いつもポケットにショパン』を読んでみる
    • dブック
    • Amazon



    • テレビアニメ情報

      『僕だけがいない街』
      2016年1月7日より 毎週木曜24:55からフジテレビ“ノイタミナ”ほかにて放送(※初回放送は25:50から)
      ※放送時間は予告なく変更になる場合がございます

      原作:三部けい(ヤングエース連載)
      監督:伊藤智彦
      キャスト:土屋太鳳、満島真之介、悠木碧、赤﨑千夏、高山みなみ、宮本充ほか

      http://bokumachi-anime.com

      1210_negicco_connie (C)2016 三部けい/KADOKAWA/アニメ「僕街」製作委員会


      ■ヘア&メイク:太田年哉(maroonbrand)
      ■スタイリスト:松田晃斉(SIGNO)
      ■テキスト:鴇田 崇
      ■コーディネイト&エディット:國方麻紀

土屋太鳳の女優人生に影響を与えた、伝説的マンガとは…?
いいね!でCONNECTAの
最新情報をお届け
Twitterでも最新情報をお届け

PROFILE

土屋太鳳
つちや・たお


1995年2月3日生まれ。2005年、「スーパー・ヒロイン・オーディション MISS PHOENIX」にて審査員特別賞を最年少で受賞。芸能界デビュー。2011年、「鈴木先生」(テレビ東京)で連続ドラマ初レギュラー出演を果たして注目を集め、映画では『るろうに剣心』シリーズや、『人狼ゲーム ビーストサイド』(14)で主演を務めた。2015年、NHKの連続テレビ小説「まれ」(15)で、ヒロインに抜擢。近作では、『orange』が12月より公開中。

特別映像&WEBラジオ独占配信!

Instagramフォローする

Twitterフォローする