『モテキ』『バクマン。』の大根 仁監督が語る、電気グルーヴの名曲ベスト3

2015.12.14

電気グルーヴが好きすぎて、関わりたくなかった

映画『モテキ』や『バクマン。』で知られる、大根 仁監督。この12月に公開を控えている大根氏の最新作が、電気グルーヴの素顔に迫ったドキュメンタリー映画『DENKI GROOVE THE MOVIE?-石野卓球とピエール瀧-』だ。そこで今回は、大根監督に直撃インタビューを敢行。電気グルーヴとの出会いや、好きな曲について思う存分語ってもらった。

監督の琴線に触れた曲ベスト3は?

もともとメンバーと知り合いだった、と語る大根監督。「いつまでもファンのひとりでいたい」と思うほど、彼らのことが好きだったという。そんな監督があげてくれた、好きな曲ベスト3が、「新幹線」「Nothing’s Gonna Change」「Fallin’ Down」。1993年に出会った「新幹線」から最新の「Fallin’ Down」まで、すべてが琴線に触れ続けているよう。電気グルーヴの音楽を語る大根監督は、まるで少年のような目をしていた。

新幹線
電気グルーヴ

新幹線を聴いてみる

Nothing's Gonna Change
電気グルーヴ

Nothing's Gonna Changeを聴いてみる


Fallin' Down
電気グルーヴ

Fallin' Downを聴いてみる


映画情報
『DENKI GOROOVE THE MOVIE?-石野卓球とピエール瀧-』
2015年12月26日(土)全国2週間限定年越しロードショー
(C) 2015 DENKI GOROOVE THE MOVIE?PROJECT

http://www.denkigroove.com/themovie/

テキスト : 原中由梨
コーディネート & 編集 : 國方麻紀

『モテキ』『バクマン。』の大根 仁監督が語る、電気グルーヴの名曲ベスト3
いいね!でCONNECTAの
最新情報をお届け
Twitterでも最新情報をお届け

PROFILE

大根 仁(おおね・ひとし)

テレビドラマの演出家、映像ディレクター。2012年、ドラマの劇場版であり初監督作品の『モテキ』で第35回日本アカデミー賞話題賞・優秀作品部門を受賞。その他に『バクマン。』、『SCOOP』(2016年秋公開)など。また、スチャダラパー『ライツカメラアクション』、フラワーカンパニーズ『深夜高速』、フジファブリック『夜明けのBEAT』、いきものがかり『KISS KISS BANG BANG』、 マキシマムザホルモン『予襲復讐』と、多数のミュージックビデオも手掛ける。

Instagramフォローする

Twitterフォローする