4日間の船旅を経て、神戸に到着したあすなろの木。途中、日本海では暴風雨に襲われ島根の港に一時避難するアクシデントがあったものの、富山の氷見で掘り取りされた約1カ月後、無事にその姿を富山から遠く離れた神戸の地に姿を表した。

「世界一のクリスマスツリー」がいよいよ神戸に上陸!
11月17日のすっきりと晴れ渡った空の下、あすなろの木が神戸・メリケンパークに設置された。植樹式では、西畑が挨拶で「全国の子どもたちに、何が本物か、何が本当に大切なことなのかを伝えたくて、この木を神戸に持ってきました」とコメント。

「世界一のクリスマスツリー」がいよいよ神戸に上陸!
植樹が始まると、西畠のかけ声のもとクレーンで持ち上げられた「あすなろの木」は、3本の紅白ロープで参加者の力を得て、特注の巨大な植木鉢の上へ。

「世界一のクリスマスツリー」がいよいよ神戸に上陸!
根を傷つけないようにゆっくりと、なんども調整を繰り返しながら、植木鉢の中に根がすっぽりとおさまった。

「世界一のクリスマスツリー」がいよいよ神戸に上陸!
無事植樹が終わると、多くの地元の方々の歓声と拍手が沸き起こった。

次回は、点灯式の様子をレポート!お楽しみに。