アウトレットでの買いものが意外におトクではない理由

2016.07.31

アウトレットは、シーズンオフの商品やB級品が安く買える場所として広く人気を集めてきました。

しかしその定義はもはや真実ではなく、現在アウトレットで販売されている商品の大半をアウトレット専用品が占めています。

2014年にはカリフォルニアで消費者による集団訴訟にまで発展し、アメリカ議会は連邦取引委員会に対し、アウトレットの専用品販売は割引詐欺の可能性があるとして調査を命じています。

写真
Ken Wolter / Shutterstock.com
Tree Vongvitavat / Shutterstock.com
NYgraphic / Shutterstock.com
City of Angels / Shutterstock.com
topnatthapon / Shutterstock.com
testing / Shutterstock.com
Sorbis / Shutterstock.com
littleny / Shutterstock.com
OLOS / Shutterstock.com
JStone / Shutterstock.com

アウトレットでの買いものが意外におトクではない理由
いいね!でCONNECTAの
最新情報をお届け
Twitterでも最新情報をお届け

MEDIA

Spotwright


旅に出るときは「Airbnb」で世界中の宿泊先を探す。「GoPro」でエクストリームな体験を共有する。「VR」で未来のエンターテインメントを楽しむ。これからの時代を生きるデジタル世代の周囲には、常にテクノロジーが存在します。テクノロジーは、20世紀的な衣食住のあらゆる側面に浸透し、その在り方を変革し続けています。デジタル世代が熱狂する文化は、いまどこにあるのか?Spotwrightは、デジタル世代の日常にいま起きているパラダイムシフトにフォーカスし、その最前線を動画コンテンツで送り届けます。

Instagramフォローする

Twitterフォローする