2011年に初号機が発表されて以来、大きな反響を呼んできた動作拡大型ロボットスーツ「スケルトニクス」。実用的な使用は難しいと語る開発者たちは、それでも新たな機体の構想を掲げ、日々改良を重ねている。その先に何を見据えているのだろうか。