100年先の夢のために?
ロボットスーツ開発者が
見据える未来

2015.12.29

2011年に初号機が発表されて以来、大きな反響を呼んできた動作拡大型ロボットスーツ「スケルトニクス」。実用的な使用は難しいと語る開発者たちは、それでも新たな機体の構想を掲げ、日々改良を重ねている。その先に何を見据えているのだろうか。

100年先の夢のために?ロボットスーツ開発者が見据える未来
いいね!でCONNECTAの
最新情報をお届け
Twitterでも最新情報をお届け

MEDIA

Spotwright

旅に出るときは「Airbnb」で世界中の宿泊先を探す。「GoPro」でエクストリームな体験を共有する。「VR」で未来のエンターテインメントを楽しむ。これからの時代を生きるデジタル世代の周囲には、常にテクノロジーが存在します。テクノロジーは、20世紀的な衣食住のあらゆる側面に浸透し、その在り方を変革し続けています。デジタル世代が熱狂する文化は、いまどこにあるのか?Spotwrightは、デジタル世代の日常にいま起きているパラダイムシフトにフォーカスし、その最前線を動画コンテンツで送り届けます。

Instagramフォローする

Twitterフォローする