酒を飲むと肌が赤くなる、これは世界でも東アジア人(中国、韓国、日本)だけに見られる現象です。白人、ラテンアメリカ人、黒人などその他の人々は、どれだけ飲んでも赤くなることはないのです。

肌の赤さは必ずしも人が酔っ払っていることを表しているわけではありません。むしろそれは身体がお酒を拒否しようとするシグナルなのです。