なぜ東アジア人はお酒を飲むと赤くなるのか?

2016.04.24

酒を飲むと肌が赤くなる、これは世界でも東アジア人(中国、韓国、日本)だけに見られる現象です。白人、ラテンアメリカ人、黒人などその他の人々は、どれだけ飲んでも赤くなることはないのです。

肌の赤さは必ずしも人が酔っ払っていることを表しているわけではありません。むしろそれは身体がお酒を拒否しようとするシグナルなのです。

なぜ東アジア人はお酒を飲むと赤くなるのか?
いいね!でCONNECTAの
最新情報をお届け
Twitterでも最新情報をお届け

MEDIA

Spotwright


旅に出るときは「Airbnb」で世界中の宿泊先を探す。「GoPro」でエクストリームな体験を共有する。「VR」で未来のエンターテインメントを楽しむ。これからの時代を生きるデジタル世代の周囲には、常にテクノロジーが存在します。テクノロジーは、20世紀的な衣食住のあらゆる側面に浸透し、その在り方を変革し続けています。デジタル世代が熱狂する文化は、いまどこにあるのか?Spotwrightは、デジタル世代の日常にいま起きているパラダイムシフトにフォーカスし、その最前線を動画コンテンツで送り届けます。

Instagramフォローする

Twitterフォローする