進化の過ち?
人間の身体にある欠点

2016.03.27

人間の身体には光を感じ取る光受容体という組織があり、これによって私たちは色や形などの視覚情報を認識することができます。

と同時に、人間には「盲点」があります。この言葉は、何か大事なことに気づかなかったり、見落としてしまった場合に言葉の表現として使われることが多いのですが、実際にこの盲点は物理的にも存在し、私たちが受け取る視覚情報を限定してしまっています。

盲点のような非合理的な仕組みは、複雑な進化の産物として偶然にできてしまったものだと考えられています。

他にも人間には合理的ではない身体や脳の仕組みが多くあります。ひとつずつ見ていきましょう。

進化の過ち?人間の身体にある欠点
いいね!でCONNECTAの
最新情報をお届け
Twitterでも最新情報をお届け

MEDIA

Spotwright


旅に出るときは「Airbnb」で世界中の宿泊先を探す。「GoPro」でエクストリームな体験を共有する。「VR」で未来のエンターテインメントを楽しむ。これからの時代を生きるデジタル世代の周囲には、常にテクノロジーが存在します。テクノロジーは、20世紀的な衣食住のあらゆる側面に浸透し、その在り方を変革し続けています。デジタル世代が熱狂する文化は、いまどこにあるのか?Spotwrightは、デジタル世代の日常にいま起きているパラダイムシフトにフォーカスし、その最前線を動画コンテンツで送り届けます。

Instagramフォローする

Twitterフォローする