2000年、シドニーに留学していた西畠は、オリンピックで活躍する松坂大輔投手を目の当たりにした。彼の一挙手一投足に誰もが息を飲んだ。

1980年生まれで甲子園を目指した経験を持つ西畠は
「同世代の青年が日の丸を背負って戦い、多くの人に夢を与えた。そんな姿に心を揺さぶられ、自分を省みた」
とこの時の衝撃について語った。

そして、2020年に開催される東京オリンピックでは、プラントハンターとしてマウンドに立つ夢を聞かせてくれた。


最新情報をチェック