映画『セーラー服と機関銃 -卒業-』・主演、橋本環奈へのインタビュー後編では、彼女の本音についてクローズアップ! 本作のタイトル「卒業」や名台詞「カ・イ・カ・ン」などのキーワードから橋本環奈のパーソナルに迫り、いま挑戦してみたいことまでを直撃! 超多忙で人気者の17歳の素顔とは――?

橋本環奈の”カ・イ・カ・ン”な瞬間とは?(後編)
橋本環奈インタビュー


──タイトルに卒業とありますが、卒業について想うことは?


中学校の卒業式ですね。小学校の卒業式も悲しかったけれど、小学校の同じメンバーが多く同じ中学校に行くので、また皆と学校生活を送れるということが楽しみでした。中学校の卒業では、高校で離れてしまう友人も多く、すごく寂しかった思い出があります。しかも中学校の卒業式が終わった後、仕事ですぐに出なくてはいけなくて、皆にはクラス会もあるからって誘われていましたが、結局行けなかった。仕事に行けることがうれしい反面、友だちとの別れもあって寂しかったです。

橋本環奈の”カ・イ・カ・ン”な瞬間とは?(後編)

──また、名セリフ「カ・イ・カ・ン」にちなみまして、日常生活で“快感”を感じる瞬間は?

 

いまはお休みをいただく機会が少ないんですけど、去年、母とふたり佐賀の温泉に行ったんです。それがとても快感でした(笑)。ゆっくりすることが大好きで、長居してサウナにも入ります。これを言うと、若い子じゃないみたいって言われがちですが(笑)。

橋本環奈の”カ・イ・カ・ン”な瞬間とは?(後編)

──現在の活躍を拝見していると難しいとは思いますが、一か月のお休みがあれば何がしたいですか?


海外に行きたいです! もう、どこでもいいです(笑)!。でも強いて言えば行ってみたいなと思っている国は、ドイツです。叔母が音楽家で、ずっとドイツに住んでいるのでたまに会った時に沢山写真を見せて貰ったり、いろいろなお話を聞いていると、すごく行きたくなって。逆に言えばたくさんある国の中で、決して身近な国ではないけれど、少しは知っている国だからという事だと思います。それから王道かもしれないですが、ハワイもいいですね。仕事でもいいので、行きたいです! お休みでなくても構わないので、ぜひ行きたいなと思っています(笑)。

橋本環奈の”カ・イ・カ・ン”な瞬間とは?(後編)

 大きくてキュートな瞳には強い意思が宿っている印象を受けるも、中学校の卒業式エピソードを聞くと、素顔は普通の10代ということに気づく。目下の夢は、海外に行くこと。近い将来待っている未知の体験の数々が経験値を上げ、女優としてもっと輝くに違いない。

★橋本環奈インタビュー前編はコチラ!

テキスト:鴇田 崇
コーディネート&編集:國方麻紀

■映画情報

セーラー服と機関銃 -卒業-

セーラー服と機関銃 -卒業-
3月5日(土)全国ロードショー
http://sk-movie.jp
(C)2016「セーラー服と機関銃 -卒業-」製作委員会

『セーラー服と機関銃 -卒業-』予告編
セーラー服と機関銃 -卒業-■■■動画ありの記事はブラウザから↓■■■